無料テーマ「bulan」から無料テーマ「マテリアル」に変更しました

写真や雰囲気がきれいな「bulan」から単純明快で見やすい「マテリアル」に、テーマデザインを変更しました。

「bulan」「マテリアル」どちらも「無料テーマ」です

前回の「bulan」

今回の「マテリアル」

テーマ選びは「どんなHPにしたいか」の目的が大事!

どんなテーマが最高か…はHPをつくる人の目的によって様々なんだな…と、bulanからマテリアルへのテーマ変更をして思いました。

このブログの目的は「ワードプレスでホームページを持つには」の方法をわかりやすく伝えることです。

実際にテーマのお洋服を着せてみて「マテリアルの方がだんぜん伝わりやすい!」と思いました。

やめた「bulan」の方は、写真が趣味の人が素敵な写真をかざり、詩(ポエム)などを添えたらとっても素敵なサイトになるのでは…と思いました。

ここの便利屋らしいHPとちがい、ファンがつく「いこいのHP」ができそうですね。

わたしのワードプレス先生からも「どんなHPを作りたいのか、お客様から意図をよく聞き出すことが大事」と教わりました。

ブログ機能をつけるか、プラグインで何を入れるかもそうですが、お客様のHP意図がわかれば、どのテーマを使うのが最適なのか、道が見えてきます。

無料テーマ「マテリアル」の強みとは!?

無料テーマ「マテリアル」の一番の強みは、はじめからSNS拡散ボタン「フェイスブック」「ツイッター」「はてなブックマーク」などの「シェアボタン」がついていることだと考えています。

ブロガーさんたち、お店屋さんたちはこの機能がほしくて、プラグイン機能で「後付け」してるかもしれません。

「マテリアル」でははじめからシェアボタン(拡散ボタン)がついています。

これは知らない人、新規のお客さまにサービス内容を知っていただくのに、大切な機能です。

「友達からの紹介」「(ネットではありますが)口コミ」が宣伝するうえで最も心に残り、強力な作用があるんです。

もう一点マテリアルの強みですが、表のページからはわからない内容です。

管理画面から見ると「グーグルアナリティクス・コード貼り画面」がついています。

前者はいわゆる「アクセス解析」で、自分のワードプレスにどんな年齢層・どんな性別の人がどのページを何分くらい見てくれたかを解析してくれます。

お客さまに合わせたページづくりには、欠かせない顧客情報です。

サイトに広告を埋め込みたい場合には「グーグルアドセンス・コード貼り画面」も最初からついています。

アメーバブログではアメーバに行ってしまう広告収入が、自分のグーグルアカウントに蓄積されていきます。

以前の有料テーマ「sango」もマテリアル(無料)と似てます

ここでなく別ブログで使用中ですが、有料テーマsangoもここの現在テーマ「マテリアル」と似た面があります。

https://nannanchannel.com

「フェイスブック」「ツイッター」などの拡散ボタンがありませんが、有料テーマsangoではショートコードを使っていろいろな機能をさっと足すことができるらしいです。

追加したい機能は、自分で足していくことができるでしょう。

sangoのカスタマイズも、時間をかけて覚えていこうと思います。

ワードプレステーマ・有料・無料(さいごに)

sangoはブロガー向けの有料テーマですので、固定ページを生かしたお店などのHPに使うのは今のところあまり考えていません。

文字間、行間など、ゆったりくつろいでもらうための工夫がある有料テーマです。

ワードプレスの有料テーマ・無料テーマ、いろいろな種類があります。

「無限スクロール」などの流行も、需要に応じてあるかと思います。

各テーマの特徴をつかみ、これからのワードプレス作りに役立てていこうと考えています。