http://〜とhttps://〜への転送

この記事では「http://〜」と「https://〜」のちがいについてまとめてみます。

「http://〜」のアドレスを「https://〜」に「全転送」(ぜんぶてんそう)する必要性についてもまとめてみます。

なぜhttps://〜にしないといけないの!?

今までのホームページづくりでは「http://〜」というURL(ホームページアドレス)になればよかったです。

しかし最近、サイト全体、ホームページ全体をSSL化(暗号化)しましょう!という流れにあります。

検索順位をきめている「グーグル社」がSSL化をすすめたいのです。

自分のホームページが検索順位として高く評価されたり、メールフォームなど個人情報の入力のセキュリティが高くなるなど、サイト全体のhttps化について考える必要が出てきました。

公的機関のHPなどでまだhttps化していないところも多くみかけます。

しかしお金を扱うショッピングサイト、クレジットカード情報を入力するサイトは、サイト全体ごとhttps化してあるものばかりです。

それにならい、一般の閲覧用サイトもhttps化(SSL化)がすすむと思われます。

http・httpsと2種類にせず、httpsの方に自動転送させるのがコツ

「https://nannanchan.com」というサイトができて喜んでいたのですが、「http://nannanchan.com」と「s」がつかない状態でもHP表示されていました。

「これでは不十分です」とワードプレスの先生に教わりました。

「https://nannanchan.com」とクリックしたときにはもちろんですが、「http://nannanchan.com」(「s」なし)でクリックしたときに「s」ありアドレス(https//〜)に「自動転送」しないといけないのです。

自動転送のやり方を説明します。

httpからhttpsの自動転送のやり方は?

.htaccess(エィチティ・アクセス)の中身を書き足します。

レンタルサーバー「エックスサーバー」の管理画面から行いました。

「.htaccess編集」へすすみます。

該当URLのドメインを選んで.htaccessの編集画面にすすみます。

「上級向けの設定」とありますので、少しビビリますね。

下記はすでに書き足しおえたコードです(php)

下から3・4・5行目をコピペで挿入したのだと思います。

RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]

「httpsの方にリダイレクト(自動転送)しますよ」という指示をphpで出しているらしいです。

他のサイト(ブログ)もこの転送設定をしたかったので、もとのを削除してコピペで同じものを入れました。

まとめ:httpからhttpsの自動転送が成功している動画です

httpのアドレスでクリックすると、表示されるのがhttpsに自動転送している様子を撮影したものです。