東京ディズニーリゾート公式HPから学ぶブログを含む構成

無意識のうちに自分がいつもおとずれてしまっている、好きなホームページを調べると、サイト構成のことに詳しくなれます。

わたしが一番よく見るホームページ「東京ディズニーリゾート」の公式ホームページは、ランドやシーのほか、チケットのオンライン販売ページがあります。

ディズニーホテル予約サイト、ディズニー公式ブログ(独立ブログに見えます)も、本サイトとどのような構成につくってあるのか調べてみました。

画面が表示される「実際のページ」を、ご一緒に見ていただければと思います。

TDR公式ホームページ「トップページ」のURL

http://www.tokyodisneyresort.jp/top.html

本題から少しそれますが、東京ディズニーリゾート、さすがの「jp」ドメインですね!

「jp」ドメインは少し他のドメインとちがうところがあり、そして年間料金が高めです。

http://www.tokyodisneyresort.jp/をブラウザに入れて出そうとすると、「top.html」が後ろについてトップ画面が出てきます。

「赤:ランド」「青:シー」「ディズニーホテル」「チケット販売」

大きな写真もシーやランドの風景を順番に映します。

上の写真は「ディズニーアンバサダーホテル」です。

東京ディズニーランド・シー(TDL・TDS)のURL

「東京ディズニーランド」をクリックすると

http://www.tokyodisneyresort.jp/tdl/

下に「アトラクション」「ショー」「レストラン」とクリックできるページがつづきます。

ディズニーシーのホームページアドレス(URL)も、クリックすると似たようなアドレスが表示されます。

http://www.tokyodisneyresort.jp/tds/

下に「アトラクション」「ショー」「レストラン」とクリックできるページがつづきます。

「tdl/」「tds/」「サブフォルダ」の仕組みを使っているようですね。

ちなみに「ディズニーホテル予約」「オンラインチケット購入」「ショーレストラン予約(事前支払い)」クレジットカード決済が必要なページはサブドメイン「reserve」が使われているように思いました。

https://reserve.tokyodisneyresort.jp/ticket/list/

全く独立しているように見えるTDR公式ブログ

【公式】東京ディズニーリゾートブログ

パソコンから最初に見える画面です。

完全に「独立したブログ」に見える形をしています。

URLをみてみます。

http://www.tokyodisneyresort.jp/blog/

右端をみると「サブフォルダ」の形をとっているように見えます。

「http://www.tokyodisneyresort.jp/」まではディズニーランド・シー・ホテル・チケットなどのページと同じでした。

「blog/」と右はしについています。

しかしこのブログは、本サイトの一部ではなく、独立して「新しく始まるページ」として作られているように見えます。

ディズニー公式「本サイト上」で、どのように「【公式】ディズニーブログ」が紹介・誘導されているか見ます。

スクロールして一番下に「ブログ」がのってます

「http://www.tokyodisneyresort.jp/top.html」サイトのトップページを一番下までスクロールすると、ようやく「ブログ」を見つけることができました。

となりにyoutube、ツイッターがのっています。

PC画面いっぱいに広がるランド・シーの風景をしっかり堪能したあとで、ブログ、youtubeなど別の情報をのせています。

その情報より上に「商品価格についてのお詫び・お知らせ」「(入園チケット)不正転売の防止」というテキスト(だけの)リンクが貼られてあります。

ランド、シー、チケットページと一緒に「TDR公式ブログ」を扱わず、よほど何度もこのHPを見た人でなければいかないところに載せたのですね、と私は解釈しました。

また

・【公式】ディズニーリゾート・ブログも本サイトと合わせて「ブックマーク」してほしい(独立したひとつの情報として)

・はじめて本サイトHPに来てくれた人は、「ランド」「シー」内のアトラクション、ショー、レストラン、「ディズニーホテル」「チケット」固定ページを「じっくり」「繰り返し」まず読んでほしい

こんな風に考えているのかな…と思いました。

読者の動線を自然につくってあげている

サイト構成を工夫すると、読みにきてくれた読者の動線が、自然に流れていくのではないかと考えました。

おそらくディズニー公式ブログを読むのとは別に「ショーレストラン予約」「オンラインチケット購入」「公式ディズニーホテル予約」サイトを、自然と読みに行くと思うのです。

「公式TDRブログ」には、早春イベントの開始日、翌日から提供されるオリジナルドリンクの写真など、最新情報がのっています。

ディズニーのコアなファン、リピーターはこのような「最新情報」が大好きですが、はじめてディズニーランドに行く人にとっては「一年中のってるスタンダードな情報をまず知りたい」と思うのではないでしょうか。

まとめ

「東京ディズニーリゾート公式ホームページ」

http://www.tokyodisneyresort.jp/top.html

「公式東京ディズニーリゾート・ブログ」

http://www.tokyodisneyresort.jp/blog/

同じドメインの中(?)に「ブログ機能」をもたせる具体的なケースを見てみました。

軽く話すにとどめますが、ページ枚数が必ず多くなるはずの「ブログ」をかかえこむと、本サイトの持つドメインも強くなり、高く評価される(上位表示される)のだと考えます。

「ディズニーランド」について、お客さんとしてブログに書くゲストが大勢います。

毎日更新する人もいますし、ディズニー情報ブログの功績が認められて本を出版する人もいるくらいです。

TDR(オリエンタルランド社)の公式ドメインがゲストの書くHPより弱く、下の方に表示されたり、2ページ目以降になるわけにはいきません。

検索で探してくれるお客さんが困ってしまいます。

以上、自分のいつも見ているホームページのURLを参考に、構成を調べてみました。