ワードプレスの正体って「おもち」なの!?

「ワードプレス」の正体について、いままで話してきませんでした。

ワードプレスとつきあって早3か月。

私にとってのワードプレスとは「おもち」です。

1.とりあえず「おもち」をつきます

うすと杵(きね)で「おもち」をつきます。

みなさんごぞんじ「もち米のたいたやつ」で「もちつき」しますよね。

もちができあがりました!

2.レンタルサーバーにワードプレスを自動インストールします

ついたおもちは「うす」の中に入ってるわけですが…

シートの上にひっぱり出すと「ぐにゃ〜ん」として形がさだまらないわけで…

もちは「レンタルサーバー」という「箱(はこ)」の中にいれることにしました!!

レンタルサーバーはワードプレス(おもち)を置かせてくれるところです。

サーバーを貸してくれる会社には「ロリポップ」「エックスサーバー」などがあります。

「さくらサーバー」というところも借りたことがありました。

3.ワードプレスが自分のドメインのところに入ってくれたイメージは?

「さくら.com」「あやめ.com」「酒.net」

3つのドメインをレンタルサーバーとくっつけて、ワードプレスという「おもち」を入れこむと、こんなイメージになります。

「さくら.com」「あやめ.com」「酒.net」という3つのホームページをもつことが可能になりました。

おもちにまだ「味」はつけていません。

4.「テーマ」でワードプレスにお洋服をきせます

「さくら.com」「あやめ.com」「酒.net」、3つのホームページに別々の洋服を着せることができます。

「さくら.com」春色のワンピース

「あやめ.com」弓道の道着

「酒.net」わきにスリットの入ったセクシーなロングスカート

おもちに3種類の味付けをするにも似ています

「さくら.com」のり巻き

「あやめ.com」きなこもち

「酒.net」関西風おぞう煮

実際のワードプレスは、テーマだけでもいろんな「見た目」にできますし、「プラグイン」という小道具(大道具)をつかっていろんな機能をもたせることもできます。

ワードプレスの正体は「おもち」なの!?まとめ

おもち単体では「かたち」が定まらないことから、ワードプレスを「おもち」にたとえて説明しました。

レンタルサーバーについている「自動インストール機能」で、おもちにたとえた「ワードプレス」をインストールします。

数おおくのファイル、フォルダを、借りたサーバーの部屋にかってに作ってもらえます。

ワードプレスのたくさんのファイル、フォルダを「自分のPC内」にもってるだけでは、みんなにページを見てもらえません。

「サーバーにアップロードし」「URLをクリックしてもらうことで」世界のみんなにつくったページを見てもらうことが実現します。

おもちの味付けはつくった人の個性がでます。

どんなワードプレスサイトができるのか、楽しみですね^^!